より静かな自作PC

速さとノイズの大きさは比例する必要はありません。

うるさいPCが好きな人はいません

すばらしい静音性に優れたPCを組み立てるには、前もって計画する必要があります。つまり、正しいパーツを選び、バーツを静かになるように組み立てるということです。新しいシステムを組み立てる場合、または既存の PC を少し静かにしたい場合は、こちらのヒントを参考にしてみてください。

ケース

ケースが騒音を出すパーツを隔離した場合、そのパーツはまだうるさいですか?

適切なケースは騒音の激しい PC でも静かにできます。
消音できて、かつ十分な冷却を提供するデザインを選ぶべきです。そうすれば、内部の部品は過熱しないし、ファンも必要以上に稼働しません。

推奨製品:CARBIDE SERIES 400Q600Q

妨げられた通気

雑音の方向が変えられると、その雑音は聞こえません。

ケースの穴は空気の流れには最高ですが、静音性には最悪です。音の進路を変えて耳から遠ざけるために、堅牢なパネルとダクト式の吸入と排気があるケース(特に前部と上部)を使用してください。

推奨製品: CARBIDE SERIES 400Q

防音材質

量を加えることは常に役立ちます。

高密度発泡樹脂は振動を抑圧し、ノイズがケースの外に伝わるのを抑えます。

推奨製品: CARBIDE SERIES 600Q

Direct Airflow の進路

効果的な冷却、低い乱気流。

高温の部品は、通常もっとも冷却を必要とします。つまり、一般的にもっともノイズが大きくなります。GPU と CPU ファンを静かに稼働させるには、ケースに前部吸気口から CPU や GPU まで Direct Airflow Path™ があるか確認してください。

推奨製品: CARBIDE SERIES 600Q

水中はもっと涼しい

高温の部品を冷却することは、システムのノイズを抑えるために不可欠です。GPU と CPU は何百ワットもの熱を発生させます。それらの熱は、ほとんどの場合、ファン速度を上げることで拡散されますが、音が大きくなってしまいます。

CPU と GPU

最も高温のパーツは最も注意が必要です。

CORSAIR の見解は異なります。弊社の液体冷却クーラーはコンピューターを効果的に冷やし、PC 全体を静かにして、オーバークロックのための余力を残します

推奨製品:HYDRO SERIES H115i

ラジエーターの大きさは重要です

熱力学法則は冷却に関しては明確です。

液体が熱を CPU または GPU から吸収すると、その熱を取り除く必要があります。大きなラジエーターは熱を周りの空気と交換して、すばらしい熱伝導を提供します。大きなラジエーターはより熱容量がありますが、小さなラジエーターは通常小さなケースに収納しやすいです。

推奨製品:HYDRO SERIES H115i

自分の冷却とノイズプロファイルを作成しましょう。

自分の冷却とノイズプロファイルを作成しましょう。

効率的で強力なファンは不可欠ですが、さらに重要なものはファンを Pulse Width Modulation(PWM)でコントロールする機能です。弊社のすべての i シリーズ液体冷却クーラーは、PWM ファンと CORSAIR Link™ ソフトウェアを備えており、自分の状況に適したノイズレベルを簡単に選択できます。

推奨製品:HYDRO SERIES ファン

パワフルで、静音性に優れた電源

すべての PC は電源を必要としています。これはよく見逃される騒音源です。静かな電源は、たとえ高負荷時でも、システムをほぼ無音に保つことができます。しかし、何がシステムを別のものよりも静かにしているのでしょうか?

低ノイズファン

静かな電源。

電源で稼働している部分はファンだけです。したがって、静かなファンはより静かな電源になります。弊社の RM、HX、AX ファミリーは、雑音を低く抑えるために、静音性の高いライフル流体ダイナミックまたはボールベラリングのハイエンドファンを採用しています。

推奨製品:RM1000i PSU

高効率

静かな電源。

ファンを静かに保つためには、より効率のよい電源が有効です。効率がよいとは熱を無駄に消費せず、より静かなファンという意味です。弊社の RMx 以上のユニットは最低 80 PLUS® ゴールドを認定され、最高 90% の効率です。

すべてのファンは平等に作られてはいません。

弊社の ML シリーズの磁気浮上ベアリングのような静かなコンポーネントを使用したファンは、同じ RPM では同様のファンよりも雑音が少なくなります。

PWM コントロール

速度を変化できるのに、なぜひとつだけにする必要があるのでしょうか?

広範囲の RPM と PWM コントロールを持つファンによって、静かな運用からハイエアフロー運用まで、好みに選択できます。

推奨製品:ML SERIES PRO ファン